FC2ブログ

Aircraft Photo Blog “Winglet-II”

ヒコーキと旅がメインのブログです。

◎  2016.02 中部AP JetStar A320 JA10JJ ARV  2016年03月31日(木)

ジェットスタージャパンのA320です。
5D3L0490A.jpg




左が接地点にピタリと接地しました
5D3L0492A_20160320152032501.jpg




続いて右が接地
5D3L0494A.jpg




ノーズギアが接地
5D3L0497A.jpg




エンジンがパカッと割れてリバース
5D3L0500A_20160320152031c6a.jpg




A320でエンジンがパカッは見慣れないですよね。良く見るのはエンジンの長さは変わらずに側面の窓がカパッと開く
5D3L0502A.jpg


国内のA320で唯一IAEのV2527-A5というエンジンを採用しています。
ANA、SFJ、ピーチ、バニラ、エアアジアのA320は細部は違うもののCFMインターナショナルのCFM56シリーズを搭載しています。
国内のBoeing737も全部CFM56シリーズです。同じCFM56シリーズでもリバースの機構が違うんですね。

本日で、2月に行ったセントレア空港編は終了です。

スポンサーサイト



◎  2016.02 中部AP CATHAYPACIFIC A330 B-LBB  2016年03月30日(水)

先々日からちょこちょこ出てきたCATHAYPACIFICのA330です。
5D3L0440A.jpg




A1でホールド中
5D3L0474A.jpg




絶賛加速中
5D3L0482A_20160320150840977.jpg




ノーズギアが浮かびました
5D3L0484A.jpg




逆光でコックピットが良く見えます
5D3L0486A_20160320150840e85.jpg




こんな位置で撮影できました
5D3L0488A.jpg


離陸してくるほうに人がかたまっています。
あの中に居たら最後の写真は撮れないし、レンズを振るスペースが無いかもしれません。
なので、ちょっと離れて撮影していました。

◎  2016.02 中部AP SFJ A320 JA06MCJ ARV  2016年03月29日(火)

スターフライヤーのA320です。
キャセイのA330がお出迎え
5D3L0460A.jpg




風は正面からかなり強く吹いています
5D3L0462A.jpg




左から接地したけど、右からあおられた?
5D3L0466A_20160320140613ed9.jpg




スポイラー全開、リバース口も全開
5D3L0469A_20160320140613418.jpg




テールコーンがずいぶん汚れています
5D3L0470A.jpg




私的には逆光でもこれが限界かな
5D3L0472A_20160320140612860.jpg
機種やペイントが判別できる程度の逆光写真


上の逆光写真はお気に入りなんだけど、こんな感じに毎回は撮れない。
太陽の強さと角度、海面への当たり具合と斜め度(?)

◎  2016.02 中部AP 吉祥 A320 B-6861 ARV  2016年03月28日(月)

吉祥航空のA320です。
17:09 出発時の写真を先に出しておきます。
5D3L0624A_2016032013560565b.jpg
レンズフレアーがはっきり出たので、下を切っても良かった



16:11 ちょっと高めに入ってきたような気がする
5D3L0442A_20160320135607a6e.jpg




スカイマークと
5D3L0443A.jpg




キャセイと
5D3L0445A_20160320135606ab7.jpg




船と
5D3L0447A_20160320135605d80.jpg




船2艘と
5D3L0449A.jpg


垂直尾翼のハンコを押したようなマークが記憶に残ります。

◎  2016.02 中部AP 中国東方 A321 B-1679 DEP  2016年03月27日(日)

中国東方はすでに一機掲載しましたが、EXPO2010塗装のA320でした。
今日はA321のすらっとした塗装をお楽しみください。
新塗装でしょうか?。ボディのラインはなくなり、垂直尾翼のマークも〇がなくなりました。
A321しかもシャークレット装備
5D3L0433A_2016032013234958c.jpg




新塗装は新鮮な感じがします
5D3L0435A_20160320132348dec.jpg




海面とのバランスもいい感じです
5D3L0436A_2016032013234837a.jpg




排気の揺らぎが良く出ました
5D3L0437A.jpg




かなり無理やりな青空バック
5D3L0438A.jpg


この塗装はブログ初物でした。

◎  2016.02 中部AP JAL B7 JA702J ARV  2016年03月26日(土)

JALのB7です。
中部でもBoeing737やairbusA320などのクラスが多くなってるようです。
大型機が来ると嬉しくなります。
5D3L0412A.jpg




風はほぼ正面からです
5D3L0415A.jpg




タイヤが軽く接地
5D3L0417A_201603201310181c8.jpg




タイヤにしっかりと加重がかかり、一気にタイヤスモークが発生
5D3L0420A.jpg




エンジンリバーサーが開き
5D3L0424A.jpg




エンジンリバース開始
5D3L0427A.jpg


何度も書きましたが、逆光で難しいです。

◎  2016.03 川崎工場夜景 3  2016年03月25日(金)

工場のライトに目を奪われてはいけません。
右に月があることに現像するまで気付いていませんでした。
5D3L1721A_20160320122743659.jpg
月を絡めての撮影を考えたのにね




5D3L1728A.jpg





5D3L1733A.jpg




風を感じますか?
5D3L1740A.jpg




引いて右にふってみた
5D3L1748A.jpg
全然いいね


工場夜景は割りと簡単に撮影できるけど、思った仕上がりにするには経験が必要ですね。
ま、何事も経験は必要ですけれど。

◎  2016.03 川崎工場夜景 2  2016年03月24日(木)

千鳥町でのカットです。
地上部分は気になるものがいっぱいなので、見上げる構図にしたんですけど
5D3L1685A.jpg
見上げると歪むので、普通に撮って下側カットが良いかも知れません




5D3L1688A.jpg




いろいろ、注意する点が見えてきますね
5D3L1699A.jpg




何かが足りないんですね
5D3L1706A.jpg




気持ちいい感じです。真ん中4つの輝点は星ではありません。良い感じなので残しました
5D3L1710A_20160320121444ef5.jpg




炎が良い感じです
5D3L1717A.jpg


カメラの水平で調整したのですが、微妙なところは目で判断する必要がありそうです。
現地だと分らないんです。おお、PCで直せってか?

◎  2016.03 川崎工場夜景 1 マリエン  2016年03月23日(水)

SG on the ROAD 夜景撮影セミナー vol.3 川崎工場夜景撮影 ~ 陸上編 講師:岩崎 拓哉
岩崎先生の工場夜景撮影会に参加してきました。
バスでポイントを回ってくれるありがたい撮影会でした。
1つ目のポイントは川崎マリエン。昼間は何度も行った場所です。
で、工場はそっちのけで羽田空港を撮影してしまいました。
スマホでは見えるかなぁ
RWY34Rにアプローチ
5D3L1671A.jpg




RWY34Lにアプローチ
5D3L1673A_20160320115113f93.jpg




787と思われるLEDタイプの衝突防止灯は点灯が長いのではっきり写ります
5D3L1674A.jpg
でも、なんか雰囲気がよろしくないなぁ



再度、RWY34R
5D3L1675A_20160320115113353.jpg




ちょっと右に視点をずらし、RWY05が見える位置で
5D3L1676A.jpg
アプローチ機を撮影している間にRWY05から離陸



右に東京タワー、中央にスカイツリーを撮影。離陸機が居たことに気付かず
5D3L1683A.jpg


空が青く写る時間は約10分間です。
その間で着陸、離陸を絡めるのはかなり難しいものがあります。
何度も通って、セッティングは考えなくても良いくらいにならないとベストショットは難しいかもしれません。
ぷっつけ本番で何か写ってりゃ御の字でしょう。

◎  2016.03 大阪AP 千里川土手 シルエット  2016年03月22日(火)

光芒を狙って玉砕したシリーズです(^^)
オンコースですが、太陽に雲が掛かってます
5D3L0824A.jpg




コレも薄い雲で光が弱まっています
5D3L0836A.jpg




太陽に絡まず
5D3L0860A_201603201056444e6.jpg




薄い雲が広がっているんですね
5D3L0883A.jpg




太陽の光芒とアンコリが同時に撮れたなら、卒倒しそうです
5D3L0884A.jpg




ま、コレもエンジンから光芒が出れば
5D3L0899A.jpg


そうそう、太陽がファインダーに入る前にカメラをずらして、太陽を見ないようにしないとお目めが大変なことになります。
10時以降は薄曇りになったのですが、コースとタイミングの練習にして、次回に備えました。
もともと、この構図を魚眼で狙う予定だったのです。
でないと、空中のヒコーキになるのでキレイでも落着いた構図にならないからです。

◎  2016.03 大阪AP 千里川土手 JAL B3 JA335 ARV  2016年03月21日(月)

少ーし明るくなった気がする大阪空港千里川土手です。
ある目的を持っていたと書きました。
そしてそのチャンスのコースだけヒット。
5D3L0810A.jpg




おおっ、太陽が少し見えてる
5D3L0811A.jpg




太陽を貫くオンコース
5D3L0812A_20160320103622f72.jpg




キター! ヒット
5D3L0813A.jpg
なのですが、太陽が弱すぎですね



このような絞りで放たれる光芒を期待していたのです
5D3L0814A.jpg
ま、737なら画角に入ることはチェックできました




5D3L0815A.jpg


雲は雲でよい雲表現が出来ますが、太陽は直接入ってしまうと強すぎてよい写真になりませんね。
そこでヒコーキの後ろから少しだけ出すと、光が放射状に出てくるのでそこを狙いたいと思っています。
ヒコーキが少しずれただけでもうまく光芒が出ないので、運しだいの撮影になりますね。
777、787、767クラスの機体で狙いたいところです。
前提として太陽がきっちり出ていることが条件ですけど・・・・





back to TOP