FC2ブログ

Aircraft Photo Blog “Winglet-II”

ヒコーキと旅がメインのブログです。

◎  2016.03 大阪AP 千里川土手 ANA Q400 JA846A ARV  2016年03月20日(日)

おっ、なにやら光が漏れている?
これはいい兆しなのか、荒れる前触れなのか?
5D3L0768A_2016031314342055a.jpg
スマホでも見えるかなぁ。機体後ろ側に雲間から光が漏れているのが見えます



心なしか、雲が薄くなった?
5D3L0771A.jpg




明るくなった気もするし、変わらない気もする
5D3L0773A_2016031314341952e.jpg




うーん、変わってないか?
5D3L0775A_20160313143419cee.jpg




下のフェンス。だれだよ、こんなにしちゃった ヤツ は?
5D3L0777A.jpg
ここに入れなくなったら、一大事だぞ。大切に使おうよ。
2年前に来たときは、ゴミ挟み持って清掃してくれてた人が居たけど、ほんと大切にして行かないと入れなくなっちゃうよ。





5D3L0779A_20160313143418e00.jpg


羽田空港のワイヤーフェンスにも、「レンズを突っ込むな」みたいな注意が貼られました。
行き過ぎたヤツが、ワイヤーを目いっぱい開いて伸ばしちゃったんでしょうね。
もともと、レンズを入れて写真に影響ないようにワイヤーにしてくれたのだと思っていましたが、それも出来なくなってしまいました。
常識と言う点数がつけられない課題なだけに、意識して注意して感謝して使わなければなりませぬ。

◎  2016.03 大阪AP 千里川土手 JAL B7 JA8945 DEP  2016年03月19日(土)

ANAが4機続けて着陸した後、ようやくJALが出てきました。
この離陸の様子も、千里川土手の名シーンではあります。
W2をタクシー
5D3L0784A.jpg




多分ホールドラインでホールド中
5D3L0787A.jpg




滑走路に進入
5D3L0790A_20160313152615e5a.jpg




こんなにセンターラインを超えて旋回します
5D3L0792A.jpg




真後ろからのカットもなかなか撮影できるところがありません
5D3L0794A_20160313152614346.jpg




上昇中を後ろから
5D3L0798A_20160313152614df2.jpg
このシーンを前からも撮れるらしい。うらやましい空港です


お日様が出てくれないと、気合が入りませんねぇ。
お日様出てチョと念じてみる

◎  2016.03 大阪AP 千里川土手 ANA B7 JA744A ARV  2016年03月18日(金)

大型機が来ました。
レンズを間違えて持ってきてるので、真上だと入らないのは確実。
少し離れて撮影。
5D3L0742A.jpg




777はやっぱ、でかいです
5D3L0746A_2016031314214578d.jpg




翼が長い
5D3L0748A.jpg




胴も長い
5D3L0750A_201603131421457d3.jpg




ここを過ぎると、ヒュルヒュルと翼端渦が我々を襲ってきます
5D3L0751A_201603131421454bb.jpg




5DのAFは機体に食いついてくれた
5D3L0754A.jpg


このままの天気だったら、夜の便までどうしようかと思い悩みました。
予報は晴れから曇りだったので、しばらくここでガマン大会を決意しました。

◎  2016.03 大阪AP 千里川土手 ANA B3 JA304K ARV  2016年03月17日(木)

3月上旬、大阪に行き、ついでに撮影して来ました。
ちょっと、狙いがあって千里川土手に行きましたが、太陽が出ていませんでした。
しかも、レンズを間違えて持ってきたことはナイショにしておきましょう。
ホテルに居た時点では、太陽が出ていたのですが、到着9:00時点でこの通り。
5D3L0730A_20160313140318240.jpg




かなり、厚そうな雲で残念
5D3L0733A_20160313140318d45.jpg





5D3L0734A_2016031314031872f.jpg




下から見てもやっぱり、短胴
5D3L0735A_201603131403183d8.jpg




こちら側も雲が覆ってます
5D3L0737A_20160313140317f7a.jpg




北東から弱い風が吹いています
5D3L0739A_20160313140317b9a.jpg


昨年10月以来の伊丹空港でしたが、千里川土手は何時以来だったかな。
2014年6月に伊丹-神戸-関空のツアーで行ったのが最後だったようです。
その後、伊丹3回、関空3回行ったんだなぁ。

◎  2015.12 羽田AP 1タミ SKY B3 JA73NN ARV  2016年03月16日(水)

いよいよ暗くなってきました。
ISOを3200まで上げて撮影しています。
5D3L9223A.jpg





5D3L9225A.jpg




山に日が落ちそうです
5D3L9227A_201602281701187fe.jpg




富士山はインタミの屋根から少し左かと思うが違うだろうか
5D3L9229A_20160228170117b61.jpg




日が落ちてしまいました
5D3L9241A.jpg
このスカイマークは着陸してきた機体とは違います


ここからマジックアワーの始まりです。

◎  2015.12 羽田AP 1タミ JAL B3 JA334J ARV  2016年03月15日(火)

多摩川トンネル第一換気所は何時までも夕日が当たっています。
なぜ、ここだけ当たっているのか不思議ですねぇ。
5D3L9202A.jpg




日本物流センター右に換気所に似た建物があります。首都高速道路(株)川崎航路トンネル第二換気所です。
5D3L9204A.jpg




工場のニョキニョキ生えているプラントが夕日に輝いていたので採用
5D3L9205A.jpg




左の後に右が接地したのかな
5D3L9206A.jpg




山と上部の雲の間から日が差しているんです
5D3L9209A.jpg




もっと、望遠でビル群と山並みだけ切り取っても絵になりそうです
5D3L9215A.jpg


ほとんど水平な夕日を浴びて、何もかもが浮き絵のようです。

◎  2015.12 羽田AP 1タミ ANA B6 JA8324 ARV  2016年03月14日(月)

かなり暗くなってきました。まだ、夕日は当たっています。
多摩川トンネル第一換気所には夕日が当たっていますね。
5D3L9177A_201602281626433d1.jpg




滑走路横断待ちをしている787の前を通過します
5D3L9180A.jpg




ランディング!
5D3L9181A_20160228162641a78.jpg




787がプッシュバック中の前を通過
5D3L9184A_2016022816264123c.jpg
夕日はすっかり弱くなりました



JALの767と
5D3L9187A.jpg
ずっと奥の山並みも見えてますね



建物にあたる夕日と山並みが不思議ですね
5D3L9189A.jpg


カンタスのジャンボが何時もそこに居ます。
朝早くに来て、夜出て行くのでしたっけ?
デレィして離着陸が見られたらラッキーなのですが・・・・

◎  2015.12 羽田AP 1タミ ANA B7 JA756A ARV  2016年03月13日(日)

背景は千葉の富津と判明して、脳内の地図が少しずつ修正されつつあります。
地図と言うか思い込みですね。
排気がビルを溶かしています
5D3L9139A.jpg





5D3L9142A.jpg




ピタリ接地点に着地できそうです
5D3L9144A.jpg




タイヤスモークを残して、エンジンリバーサーカウルが開き始めました
5D3L9146A.jpg




夕日も何気に弱くなったかな
5D3L9148A.jpg




上部に広がる雲の下に遥か彼方の山々が羽田から見れた
5D3L9155A.jpg
山に詳しくなくて残念な思いです


この背景にカンタスのジャンボも真っ白なA330も霞んでしまいました。

◎  2015.12 羽田AP 1タミ JAL B3 JA311J ARV  2016年03月12日(土)

JALのB3です。
金色に光る壁の建物は首都高速道路(株)多摩川トンネル第一換気所です。
この下に海底トンネルがあり首都高湾岸線として、羽田空港につながっています。
5D3L9125A.jpg
大きな船 2艘が夕日を浴びています
昨日、この背景を三浦半島と書いたのですが、よくよく見ると千葉県の富津ですね。
ヒコーキにかぶっている鉄塔みたいな煙突とその右の高い建物は東電の富津火力発電所でした。距離は10km




翼端フラッシュを頂きました
5D3L9127A.jpg




大型サロンパスに向かって接地直前
5D3L9128A.jpg




背景が夕日で炎上しています
5D3L9132A.jpg
キレイだな



厚木の大山や丹沢山が見えているのかなぁ
5D3L9136A.jpg




武蔵小杉のビル・マンション郡 距離11.3km
5D3L9137A_20160228130524108.jpg
富津より遠いのかぁ


11km離れたビル・マンションがすぐそこにあるかのように撮影できました。
マンションの右の山々がもし、大岳山だとしたら64kmです。
その左に連なる薄い山陰は・・・さて、どこまで写ったんでしょう

◎  2015.12 羽田AP 1タミ SKY B3 JA73NC ARV  2016年03月11日(金)

3月も中旬だっちゅーに、昨年12月の写真をお届けします。
羽田上空には分厚い雲がありますが、四方の水平方向はきわめてビジがよいという不思議な天候でした。
スカイマークがRWY34Lにアプローチです。夕日の当たり具合が不思議です
5D3L9114A.jpg
背後は三浦半島の山々だろうか



中央左上にはジェットフォイルが疾走中
5D3L9115A.jpg




フレアをかけて着地を待ちます
5D3L9116A.jpg




夕日がキレイです
5D3L9119A.jpg




スポットはずっと右側ですので、エンジンアイドルリバース、ブレーキもほとんど使わないでこの先転がっていくはずです。
5D3L9122A.jpg




またまた、背面に注目です。どこまで見えているのだろう
5D3L9124A_2016022812371809d.jpg


今日は4枚目の夕日をバックにしたカットがメインでした。
まるで三丁目の夕日状態?
明日以降も夕日を背景にしたカットをお楽しみください。

◎  2016.02 中部AP ANA Q400 JA856A DEP  2016年03月10日(木)

昨日の写真でA1待機していたQ400です。
やはり小さいですねぇ。Q400
5D3L0402A.jpg
船も小さいのでよかった



短い滑走で離陸
5D3L0405A.jpg




結構排気の揺らぎはあります
5D3L0407A.jpg




A1から滑走し、離陸が早いので上昇中も撮影できました
5D3L0408A.jpg




シャッター速度は落としていません。風が強くレンズが振られていたので
5D3L0409A.jpg
ペラ機の場合シャッター速度を遅くしてプロペラが止まって見えないようにするってのが、正道といわれています。
でもね、全体がブレたらもっとダメなんです。


Q400では前輪が出なくて胴体(?)着陸したり、787ではバッテリーが燃えたりでANAは新機種に苦労してますね。
でも、そうして安全が確保されていくんですね。
無いに越したことはないけれど・・・・





back to TOP