FC2ブログ

Aircraft Photo Blog “Winglet-II”

ヒコーキと旅がメインのブログです。

◎  2014.01 羽田AP タムロンSP 150-600mm インタミパーキング  2014年01月05日(日)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

先のサンプルではDPPで現像するのがよさそうだと感じました。
周辺光量落ちの補正はどうするか、正月いっぱい考えてみました。
PSEではメーカーのデータが無く、手動になってしまいます。
Lightroomにはメーカーのデータがあるのは分っていますが、サンプルにあるように解像感の減少が見えます。
Photoshopにもメーカーデータがあるのではないかとさぐって見ると・・・・ありました。
Lightroomのように距離別に出てくるわけではありませんが、きれいに補正してくれます。

で、今回はDPPで現像してTIFFをPhotoshop.CCに渡して補正することにしました。
DPPでは全く何もせず現像したデータをPhotoshopに渡しています。
水平補正位すればよかったかなと反省。ま、参考まで
5D3L0124A.jpg





5D3L0147A.jpg





5D3L0149A.jpg





5D3L0167A_20140104230002118.jpg





5D3L0171A.jpg





5D3L0173A.jpg


このインタミパーキング自体が難しい場所で、以前撮ったのも露出がバラバラです。(以前の記事)
このようなシチュエーションでは大きく写る以外はメリットがなさそうです。
解像感が出ません(サンプルと同じ)
この日だけかもしれませんし、固体の特性かも知れませんが・・・



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします。
スポンサーサイト



◎  2014.01 羽田AP タムロンSP 150-600mm サンプル  2014年01月05日(日)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

新年初荷はやっぱりタムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USDのニュースです。
ブログ容量の関係で別サイトに上げてあります。
その中からヒコーキ部分を1:1で切り出したものを掲載します。
(写真をクリックすると1:1の写真になります)

今回は遠くのヒコーキがどのように撮影できるかを見てみたいと思います。
同時に、現像ソフトによる違いにも焦点を当ててみました。
キヤノンのDPPで現像したもの
SS5D3L0134.jpg





Lightroom5.3で現像したもの
SS5D3L0134LM.jpg





タムロンレンズに付属してくるSILKYPIX4で現像したもの
SS5D3L0134SK.jpg





参考データとして、過去に同じようなカットをCanon EF100-400 F4.5-5.6L IS USMで撮影しDPPで現像したもの
SS5D3L7437.jpg



DPPで現像したものは印象がいいですね。ただ、EF100-400は撮影日が違いますので空気のメラメラ度が違いますので参考としてみてください。
こんな観点のサンプルを3点アップしましたので、ご覧ください。
http://winglet.sitemix.jp/tamron2/index.htm

多少でも参考になりましたら、↓をクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします。




back to TOP