FC2ブログ

Aircraft Photo Blog “Winglet-II”

ヒコーキと旅がメインのブログです。

◎  2015.11 秩父鉄道 SLパレオエクスプレス C58363 と 月の石もみじ公園  2015年12月05日(土)

昨日 アレ が来るまで燃料補給すると書きました。
アレとは、秩父鉄道 SLパレオエクスプレス C58363 復路便です。
燃料補給としてビールでも飲もうとCafeに入ったのですが、コーヒー以外はなかったと言うオチ。
で、おまけにSLが駅に入ってくる時刻を失念していて、来たときには写真が撮れる位置にいなかったと言うダブルボケ。
なので、出発のみ
5D3L8292A.jpg





5D3L8296A.jpg





5D3L8306A_20151128144242ab3.jpg





5D3L8310A.jpg





5D3L8314A_2015112814424047e.jpg




秩父鉄道に乗って隣駅の上長瀞駅へ行き、月の石もみじ公園へ
「月の石」の由来は、石碑にある「ここに我句を留むべき月の石」と高浜虚子が詠んだことから名付けられたらしい。
5D3L8316A.jpg
アポロ計画とは関係なさげです(^^)



明日から長瀞紅葉まつりのライトアップが行われる。そのテスト点灯が行われていた。ラッキー
5D3L8324A.jpg





5D3L8325A.jpg





5D3L8341A.jpg





5D3L8342A_201511281446390f3.jpg





5D3L8344A.jpg





5D3L8346A.jpg





5D3L8349AB.jpg





5D3L8353AB.jpg





5D3L8355A_20151128144731e41.jpg





5D3L8359A_20151128144730b1b.jpg


ここで、C58について書いておく。秩父鉄道のHPより(長いぞ)(^^)
パレオエクスプレス誕生と由来
C58363(シゴハチ サンロクサン)は、かつて東北地方などの旧国鉄(現在のJR)で活躍したSLです。
昭和47年に現役引退後は、吹上町立吹上小学校の校庭で小学生と一緒にのんびりと余生を送っていましたが、さいたま博覧会(昭和63年3月19日から5月29日まで熊谷市で開催)にあわせて「SL運行を!」の声があがり、その大役にC58363が抜擢されたのです。
昭和62年に車籍を復活。昭和63年に秩父路のSLパレオエクスプレスとして誕生しました。

パレオエクスプレスの由来
「パレオ」は秩父地方におよそ2000万年前に生息していた海獣パレオパラドキシアにちなんだ名前です。
パレオパラドキシアとはラテン語で「昔の不思議な動物」という意味があるそうです。大昔、秩父地域は海の底にあったことが数々の化石により証明されていますが、その中でもパレオパラドキシアの化石は珍しく、世界でも数体しかありません。
その貴重な文化遺産から「パレオ」を、急行を意味する「エクスプレス」とあわせて、「パレオエクスプレス」という愛称が生まれました。

C58形
C58(シゴハチ)形は昭和13年から22年にかけて427両が製造された機関車です。
釧網本線、陸羽東線、陸羽西線、房総各線、高山本線、関西本線、紀勢本線、四国の全線、芸備線、志布志線など、全国各地に思い出が残されている客貨万能の名機です。
ボイラーの圧力はC57(シゴナナ)形と同じ16.0kg/cm2、動輪の直径は1520mmと高速性能を重視し、軸配置はテンダ機関車では唯一の1C1としました。
機関車と炭水車の間の踏み板は、固定した床にあらためられて作業性の配慮をしたほか、密閉型運転室を採用しました。
運転整備重量は58.70t、軸重は13.5tと、軌道条件から丙線と呼ばれた線区へ入線が可能な設計です。
全国各地で活躍したC58ですが、現在も現役で活躍しているのは「C58363」だた1両のみです。

C58363
(1944年)昭和19年 2月19日 川崎車両で新製
(1972年)昭和47年10月 2日 廃車 走行キロ 1,054,826キロ
(1973年)昭和48年 5月31日 吹上小学校保存(旧国鉄から貸与)
(1987年)昭和62年 2月28日 吹上小学校より復線実施
(1987年)昭和62年 3月 6日 車籍復活
(1988年)昭和63年 3月15日 秩父鉄道 熊谷~三峰口間運転開始。秩父路のSL「パレオエクスプレス」誕生。(財)埼玉県北部観光振興財団所有(秩父鉄道は受託運行)
(2000年)平成12年 牽引する客車を旧型客車から12系客車へ
(2004年)平成16年 **祝・還暦C58363製造60周年記念** 赤いナンバープレート掲出運行
(2007年)平成19年 5月19日 運行20周年記念号運転(熊谷-広瀬川原間)
(2015年)平成27年11月13日(金) AN様ご乗車記念(寄居-長瀞間)(^^)/

もっと詳しくは秩父鉄道のページへどうぞ
http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/about.html

◎  2015.11 長瀞 宝登山神社 紅葉はあるのか  2015年12月04日(金)

紅葉を求めて長瀞に来たわけですが、天候の加減なのか紅く色づいた木が少ない。
黄色っぽい枯葉色ばかりでした。

いざ、宝登山神社へ
5D3L8215A.jpg




明治維新百年記念
5D3L8220A.jpg
後ろが紅くなる葉なら良かったが



長瀞〇〇光協会さんの写真に負けない出来 (当社比)(^^)
5D3L8230A.jpg





5D3L8231A.jpg





5D3L8234A.jpg





5D3L8238A.jpg




立ち位置を変えて もう少しだけ光が欲しいところでした
5D3L8243A.jpg





5D3L8245A.jpg





5D3L8255A.jpg





5D3L8267A.jpg





願いが叶って、参道の帰りに見つけた紅葉 まさに紅葉
5D3L8273A.jpg





5D3L8277A.jpg




さらに、桜
5D3L8280A.jpg





5D3L8289A.jpg
ヒカンザクラ(緋寒桜)かと思ったのですが、色も花の形も違う。


さて、お参りを済ませましたので、アレが来るまで燃料補給といきましょう。

◎  2015.11 秩父鉄道 長瀞ラインくだり  2015年12月03日(木)

長瀞といえば、長瀞ラインくだりは外せません。
というか、それが目玉の観光コースです。
船に乗る前にそば屋に入ったのですが、ビールより前にそばが出てくると言う、全く残念なお店で気分は超曇天。

とりあえず長瀞駅
5D3L8085A.jpg




今日の運航はBコースのみ
5D3L8087A.jpg
約3kmを20分でくだる。帰りはバスで10分。



長瀞ラインくだりと紅葉 と付けたいところだが、紅葉が寂しい
5D3L8094A.jpg




赤い葉っぱが入って欲しいところです
5D3L8096A.jpg




いいカットなんだけど、枯葉色にしか見えない
5D3L8105A.jpg




キャプテンA
5D3L8121A.jpg




キャプテンBは体を張って操縦中(^^)
5D3L8159A.jpg




キャプテンBのさおさばき次第では、正面の岩にぶつかってしまう
5D3L8175A.jpg




ここは、スレスレで通過
5D3L8186A.jpg




おっと、今度はポートサイドが危ない
5D3L8191A.jpg





5D3L8192A.jpg





5D3L8193A.jpg




一瞬だけ カエル に見える岩
5D3L8202A.jpg




シップのフェリー(回送)はトラックで陸送
5D3L8204A.jpg




3艘位は積んでいました
5D3L8205A.jpg


途中で遠くから記念写真を撮影して、船内で購入希望を取っていました。
出来上がりも見ないで買うヒトはいないですよねぇ。案の定、注文ゼロ。
オイラならWi-Fiでネットに飛ばして、帰りのバス内でタブレットに表示して見てもらい注文を受けますよ。
バスの終点に着いたら、プリント出来あがっていてお渡しする位はやるけどなぁ。
アルバイトに行こうかな。

◎  2015.11 秩父鉄道 SLパレオエクスプレス C58363  2015年12月02日(水)

紅葉を求めて長瀞に出かけました。
単に電車で行くだけではつまらないので、SL(蒸気機関車)に乗ってみることに。
秩父鉄道のSLパレオエクスプレスは、熊谷から長瀞経由三峰口までSLでの運行をしています。
通常は土休日に運行されていますが、11月は金曜も運行されています。
熊谷(10:12)→寄居(10:52)→長瀞(11:25)→三峰口(12:45)
三峰口(14:00)→長瀞(15:00)→熊谷(16:20)
往復とも2時間以上楽しめるのですが、気の短い者としては「2時間あったら沖縄いけるじゃん」ってな訳で、
自宅駅→(JR)→川越→(東武東上線)→小川町→(東武東上線)→寄居→(秩父鉄道)長瀞
1区間のみSL乗車の旅にしました。

寄居駅にSLが入ってきました
5D3L8015A.jpg





5D3L8018A.jpg





5D3L8021A.jpg





5D3L8022A.jpg





5D3L8023A.jpg




久しぶりに見る石炭
5D3L8024A.jpg





5D3L8027A.jpg





各駅で点検しているのだろうか
5D3L8029A.jpg





5D3L8032A.jpg




石炭を投入
5D3L8035A.jpg




寄居駅に7分停車。パレオエクスプレスはレトロな感じです
5D3L8039A.jpg





5D3L8041A.jpg




長瀞駅に到着
5D3L8043A.jpg






5D3L8046A.jpg





5D3L8050A.jpg




出発
5D3L8053A.jpg





5D3L8059A.jpg






5D3L8061A.jpg





5D3L8064A.jpg






5D3L8077A.jpg





5D3L8079A.jpg


次の皆野駅まで12分、その後終着三峰口駅までは1時間。
乗り鉄な方は絶対に途中で降りたりしないでしょうね。

◎  2013.02 札幌の雪事情  2013年03月23日(土)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

すっかり桜の季節になってしまいました。
2月末の札幌の雪事情をお届けします。
昔、私が過ごしていた20数年の記憶にも無いほどの大雪になっていました。




毎朝こんな感じだそうです。車を出すのに30分はかかりそう。
IMGP0927A.jpg




住宅街の生活道路。元々は、片側1車線の2車線プラス両側歩道
IMGP0928A.jpg




雪が積めなくなったので、側面に貼り付けの刑
IMGP0929A.jpg




車を出す予定は無いようです
IMGP0930A.jpg




上空をアプローチしていくHAC機
IMGP0936A.jpg




片側2車線幹線道路の歩道
IMGP0937A.jpg





IMGP0943A.jpg




高速道路下の交差点
IMGP0946A.jpg




一家に一台必要です。札幌の家庭には必ずあります(ウソ 笑)
IMGP0951A.jpg




大動脈道路の歩道。逆に歩く人は少ないのかも
IMGP0952A.jpg



2月末の事情ですが、驚くほどの積雪量でした。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

◎  2013.02 標茶→釧路 SL冬の湿原号5  2013年03月22日(金)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

もう、「ひがしくしろ」まで来てしまいました。
5D3L6680A.jpg





「釧路」に到着。ホームから撮影します。
5D3L6688A.jpg




もう、人は写らない方がおかしい。
5D3L6692A.jpg





鉄子さんも撮影しています。
5D3L6693A.jpg





ボディに付いていた表示
5D3L6699A.jpg




SLの後部
5D3L6702A.jpg





SLの側面と鉄子さん
5D3L6707A.jpg




緩急車。運転中、ここで湿原の説明などをしていたようです。
5D3L6709A.jpg




5D3L6711A.jpg





車庫への回送。
5D3L6716A.jpg


この後、駅内にあるなつかし風なカフェで休憩。燃料補給はなし(^^)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

◎  2013.02 標茶→釧路 SL冬の湿原号4  2013年03月21日(木)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

途中駅のかやぬま。何分かの停車中に降りた人。
5D3L6613A.jpg





踏切では撮影隊の大歓迎を受けました。どんな写真が撮れたのでしょうね。
5D3L6620A.jpg





5D3L6625A.jpg





とうろという駅ですれ違いのため少し長い停車がありました。チャンスですねぇ。
5D3L6634A.jpg





正面から撮影できるチャンスです。
5D3L6635A.jpg





人が多くてクリアになりませぬ。
5D3L6637A.jpg




5D3L6638A.jpg





なんとか人をクリアしたカット
5D3L6641A.jpg




発車間際に動輪連結部
5D3L6650A.jpg




またまた、撮影隊。
5D3L6670A.jpg




このカーブミラーに自分が写っているかと拡大しましたが、判別できませんでした。
5D3L6671A.jpg


ミラーに自分が写っていたら楽しかったでしょうね。
ただ、黒い服着て黒いカメラ持ってたのでは、難しいでしょうね。
ガラス越しの撮影があるときは黒い服装に限りますよ。でないと、ガラスに自分が写って被写体が白っぽく映ってしまいます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

◎  2013.02 標茶→釧路 SL冬の湿原号3  2013年03月20日(水)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

まもなく標茶出発の時間です。一枚でも多く撮影しました。

5D3L6573A.jpg





5D3L6584A.jpg





5D3L6586A.jpg





5D3L6591A.jpg




さて、出発です。駅員、売店の方が見送りです。
5D3L6595A.jpg




ホームからも見送りです。
5D3L6599A.jpg


イベント列車ですので楽しみ満載です。
出発してしばらくすると、するめをあぶった香りが車内に充満しました。するめの香りで燃料補給完了!



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

◎  2013.02 標茶→釧路 SL冬の湿原号2  2013年03月19日(火)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

この、黒い物体をどのように撮影すればよいのかさっぱりです。
白いバックに黒い物体。しかも長い。

5D3L6539A.jpg





5D3L6543A.jpg





5D3L6549A.jpg





5D3L6561A.jpg





5D3L6564A.jpg





5D3L6566A.jpg





5D3L6568A.jpg


いろいろ工夫はして撮影してみました。このために普段持ち歩かない24-105を使用しています。
約1kg重くなる荷物が辛いところです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

◎  2013.02 標茶→釧路 SL冬の湿原号1  2013年03月18日(月)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

釧路から観光バス「冬のたんちょう号」で標茶(しべちゃ)まで来ました。
この観光バスは標茶で「SL冬の湿原号」に接続しています。

この齢になって、鉄の塊「SL」に乗れるとはありがたいことです。電車は鉄ですが、ステンレスやアルミ系がふんだんに使われていますし、ヒコーキはアルミ系の塊です。
手入れしないとサビだらけになってしまう、鉄の塊はSLだけと言っていいでしょう。

まずは標茶駅
IMG_0091.jpg





駅内部。キレイです。古い建物のように造ったほうが良いと思うのは観光だからでしょうね。
IMGP0804A.jpg




IMGP0805A.jpg




改札が始まってすぐに隣のホームから記念撮影。通常は釧路から引っ張ってきますので、標茶ではSLの正面側が客車側になっています。要するにSLはバックで釧路に向かいます。この日は冬の3ヶ月間に25往復するうち、6回のみ釧路からバックで運行し、標茶から普通の姿で運転する日なのです。
5D3L6530A.jpg





5D3L6533A.jpg





5D3L6536A.jpg





5D3L6537A.jpg





5D3L6538A.jpg





車両配席図。緩急車の左にSLが付いています。事前に3号車の17C・D席を確保。前の席には日本人の若いご夫婦(多分)。周りは中国からの観光客。声が大きく、通路をふさいで平気なので大きな声で「どけろ!どけろ!」と紳士的に言って通りました。(^^)/
zaseki.jpg





2号車にある車内販売コーナー
5D3L6593A.jpg






車内販売コーナーで購入した弁当の包み
弁当


SLは石炭を燃料にして走ります。(石炭を見た事ありますか?笑)
私は炭水化物とアルコールを燃料にしています。(^^)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

◎  2013.02 釧路 たんちょう3  2013年03月17日(日)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

たんちょう3回目は地上です。
赤い頭上もようやく捉えられています。

5D3L6469A.jpg





5D3L6483A.jpg





5D3L6487A.jpg





5D3L6489A.jpg





5D3L6493A.jpg





5D3L6505A.jpg





5D3L6524A.jpg


機会があれば再度撮影したいものです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村




back to TOP